< pocket

実際に泊まれる「ゴッホの寝室」からアクションゲームまで!?巨匠ゴッホとコラボした世界中のユニークな作品たち

実際に泊まれる「ゴッホの寝室」からアクションゲームまで!?巨匠ゴッホとコラボした世界中のユニークな作品たち

本日(3月30日)はゴッホの誕生日!このサイトで毎年やっているゴッホのまとめ記事です。今年もゴッホとコラボした世界中のユニークな作品を紹介していきますよ!

一晩10ドルで泊まれるリアル版「ファン・ゴッホの寝室」

シカゴ美術館は、ゴッホの作品「ファン・ゴッホの寝室」全3点を同時に展示することを記念して、リアル版「ファン・ゴッホの寝室」を制作し、実際に宿泊できるように一晩10ドルで貸し出すことにしたそうです。

一晩1,000円ちょっとで泊まれるって、すごく安いですよね!?再現度のクオリティも高くてビックリです。まるで本物のゴッホの絵画の中に入ってしまったかのように感じられそう。

リアル版「ファン・ゴッホの寝室」

引用元:Airbnb

泊まりたい!と思って予約サイトを見てみたら、なんと現時点で2019年まで空きがない状態でした!やっぱり大人気なのですね〜…。

実際に予約をしたい方は以下の宿泊仲介サイト「Airbnb (エアビーアンドビー)」より!
Van Gogh’s Bedroom – 借りられるアパート – シカゴ

そしてこれが本物の「ファン・ゴッホの寝室」。これは、1888年にゴッホが南フランスのアルルに移った際、大好きだったゴーギャンと一緒に暮らすために、ウキウキしながらこしらえたお手製の部屋なのです。

「ファン・ゴッホの寝室」

「ファン・ゴッホの寝室(1889年)」

二人の絵画手法の考え方の違いやゴッホの気難しい性格も手伝って、二人の共同生活はたった2ヶ月で終了してしまうのですが、期待に胸をふくらませて部屋を黄色の家具で飾ったり、その部屋を見ながら筆を走らせるゴッホは、とても素直で可愛らしく思えます。

ゴッホの純粋な希望がありありと伝わってほっこりとした気持ちになるので、個人的にとても大好きな絵です。

全コマ油絵で制作中!ゴッホの生涯を描くアニメの予告編が公開

これはもう楽しみすぎて今からワクワクしている企画です!なんとゴッホの生涯を全コマ油絵で制作するという多大な労力が必要な大プロジェクト。その名も「Loving Vincent」。そりゃゴッホを愛してなきゃこんなことできないですよね!

全編公開は2016年内だそうですが、今月ついに予告編が公開されました。

1秒間に12枚もの油絵が使われているという驚異のアニメ。今から本当に楽しみです。詳しい情報は公式サイトでチェックしましょう。

Loving Vincent – first painted animation by BreakThru Films

性格が表れる?ゴッホ・ピカソ・モネなど有名画家のパレットを再現!

フォトグラファーのMatthias Schaller氏は、ゴッホをはじめ様々な画家のブラシの使い方を研究し、彼らが使っていたパレットを再現することに成功しました。パレットを見るだけで、その画家の作風が見てとれるだけでなく、何となく性格まで現れているような気がしますね。

まずはゴッホ。彼の描く絵のように力強く、鮮やかな色彩の絵の具ををモリモリと重ねています。

ゴッホのパレット

ゴッホのパレット
引用元:エンタメウス


ゴッホ「タンギー爺さん(1887年)」

ゴッホ「タンギー爺さん(1887年)」

次にモネ(左)とマネ(右)。どちらもモノの形をハッキリと描くよりも、それらを包む光の変化や空気感など「一瞬の印象」を再現しようとする「印象派」と言われる画家で、ゴッホと同じく日本の浮世絵にとても影響されました。

パレットも輪郭がハッキリしない様々な色彩がたくさん混ざって綺麗な印象ですね。

ちなみに、ゴッホは「印象派」の絵画にとても影響を受けましたが、印象派を独自の方法で違う方向に発展させた「ポスト印象派」と言われています。

モネのパレット(左)/マネのパレット(右)
引用元:エンタメウス

モネ「睡蓮(1916年)」

モネ「睡蓮(1916年)」


マネ「フォリー・ベルジェールのバー(1882年)」

マネ「フォリー・ベルジェールのバー(1882年)」

他にも以下の記事で様々な画家のパレットが見れるので興味のある人はぜひ!

ゴッホの絵画の中を自由に歩き回れるVRアプリ

まるですいこまれそうな鮮やかな色彩のゴッホの絵画。その世界に入って自由に歩き回ることができるVRアプリ「The Night Cafe」が「Oculus Share」で配信中です。

もうすぐVR空間でゲームができる「PlayStation®VR」も発売されますが、VRの体験って面白そうですね!

VR空間で再現されているのは「夜のカフェ」という絵。赤い壁に緑の天井という思い切った色使いの作品です。当時ゴッホがゴーギャンと住んでいた「黄色い家」のすぐ近くにある行きつけのカフェだったそうです。

「夜のカフェ(1888年)」

「夜のカフェ(1888年)」

Oculus Rift DK2に対応している「The Night Cafe」は、こちらからダウンロード可能だそうです。残念ながら私はOculus Riftを持っていませんが、もし持っている方は体験してみてはいかがでしょうか!

ゴッホの大作を小さなマッチ箱に再現したアート作品「acrylic on a matchbox」

こちらはマッチ箱にゴッホの絵画を描いた作品。こんなに小さな面積なのに、ちゃんとゴッホの絵画が再現されています!すごい!手のひらに巨匠の大作がすっぽり収まるなんて、不思議な感覚でしょうね。

絵画の中でゴッホが闘うアクションゲームアプリ「Van Gogh game」

「Van Gogh game」

なんとゴッホが絵画の中を猛ダッシュして敵と闘うアクションゲームがiOS向けアプリとして登場!想像のななめ上を行くゴッホ愛ですね!

起動画面は人気が高く最も有名な「星月夜」。さすがわかってらっしゃる。舞台は全て彼の描いた絵画の中となっており、ゴッホができる攻撃はジャンプ・筆を投げる・カンバスを投げる・パレットを投げるの4つです。

「Van Gogh game」 「Van Gogh game」

あとは前方から迫る敵を倒して先に進むだけのシンプルなゲームなのですが、ゴッホの動作がワンテンポ遅かったり逆に敵が早過ぎたりとして難易度としてはめちゃめちゃ難しいです…。もっと色々なステージを見てみたかったけど、無理でした…。

「Van Gogh game」 「Van Gogh game」

簡単なのに難しいため、悔しすぎて「くそー!もう一回!」とついつい何度でもやってしまうゲーム。無料なので、興味のある人はぜひダウンロードしてみてくださいね!

ヴァンゴッホゲーム:芸術の忍者 無料で ! Van Gogh game: Art Ninja Free!
カテゴリ: ゲーム, 教育, ファミリー

さいごに

いかがでしたか?2015年から2016年はけっこうゴッホ関連のニュース多かった印象を受けます。調べたり色々な作品を見てみて楽しかったです。アートからデザインのインスピレーションを受けるきっかけになればと思います。

ゴッホ関連のニュースやアート作品まとめの記事は他にもたくさん書いているので、興味のある方は見てください!

以上、彩がお送りしました。

この記事をシェアする!

コメント

0件のコメント

コメント

もし何かコメントをいただければ幸いです。また、ご指摘等も大歓迎です。
よろしくお願いします。(※Eメールアドレスは公開されません)

トラックバック

トップに戻る