< pocket

Googleマップをスマートフォンでも最適な大きさで表示しよう!

Googleマップをスマートフォンでも最適な大きさで表示しよう!

最近、お仕事でGoogleマップのiframeをスマートフォンで最適な大きさで表示させるにあたり、色々と悩みました。

そんな時発見した「lifehacker」さんの記事で、紹介されていたレスポンシブに対応させる方法が一番よさそうでしたので、備忘録として書き残しておきます。

ちょっと前までGoogleマップをレスポンシブにするために、以下の方法を使わせていただいていました。

@media (max-width: 767px) {
	iframe {
		width: 100% !important;
	}
}

とても便利な方法なのですが、これだと横幅はちゃんとレスポンシブになるのですが、高さはPC版に埋め込んだソースをそのまま引き継ぐので、ちょっと間延びした印象になってしまいます。

Googleマップをスマホに埋め込む

何かいい表示方法はないかなあと探していた時、lifehackerさんの記事で以下のコードが紹介されていました。以下のコードの「75%」の部分を変更することで、地図の縦横比を変えることができます。

.google-maps {
position: relative;
padding-bottom: 75%; /*これが縦横比*/
height: 0;
overflow: hidden;
}
.google-maps iframe {
position: absolute;
top: 0;
left: 0;
width: 100% !important;
height: 100% !important;
}
<div class="google-maps">
<iframe src="https://www.google.com/maps/embed?省略…" width="600" height="450" frameborder="0" style="border:0"></iframe>
</div>

埋め込んでみるとずいぶんいい感じでした。

Googleマップをスマホに埋め込む(縦横比75%)

しかし!「%」で設定してしまうと、スマートフォンを横にして見た時に画面いっぱいにGoogleマップが!ということになりますよね。例えばこのように。

Googleマップをスマホに埋め込む(横にした場合)

私としては横幅はレスポンシブにしたいのですが、高さは固定にしたほうが見やすいように感じます。(まー、スマートフォンを横にして見ることってあんまりないですけどね!)

というわけで、上記のコードをちょっと改変。%の部分をpxで固定にしました。

.google-maps {
position: relative;
padding-bottom: 250px; /*高さは250pxで固定*/
height: 0;
overflow: hidden;
}
.google-maps iframe {
position: absolute;
top: 0;
left: 0;
width: 100% !important;
height: 100% !important;
}

こうすれば、スマートフォンを横にした時も高さは変わらず、横幅だけが変化します。

Googleマップをスマホに埋め込む(横にした場合)

スマートフォン・PCでのGoogleマップの高さについてお悩みの方はぜひ、お試しください!
以上、彩がお伝えしました。

参考にした記事

この記事をシェアする!

コメント

0件のコメント

コメント

もし何かコメントをいただければ幸いです。また、ご指摘等も大歓迎です。
よろしくお願いします。(※Eメールアドレスは公開されません)

トラックバック

トップに戻る