< pocket

デザインやアートに今なお大きな影響を与え続けるゴッホ。最近のゴッホ関連ニュースを紹介!

デザインやアートに今なお大きな影響を与え続けるゴッホ。最近のゴッホ関連ニュースを紹介!

今週末の3月30日はゴッホの誕生日です!・・・と、いうことで、今年もデザインやアートに関するゴッホのまとめ記事をやりたいと思います!

死後120年以上経っても、今なおゴッホにインスピレーションを受けた作品がたくさん出てくるのを見ると、やっぱりゴッホは偉大な芸術家だなあと改めて思います。

では、現代の技術に彩られた数々のゴッホ関連ニュースをどうぞ!

もくじ

ピカソやゴッホなどの有名絵画を描いたハイヒール

ピカソやゴッホなどの有名絵画を描いたハイヒール

こちらの綺麗なハイヒール、「シャーロット・オリンピア」というブランドのものだそうです。一点一点手描きでペイントされているそうで、100足限定の商品だとか!

ピカソやゴッホなどの有名絵画を描いたハイヒール

私はこんなに高いハイヒールは履いたことありませんが、ゴッホの星月夜を足元に、颯爽と街を歩けたらとてもカッコいいですね!

ピカソやゴッホなどの有名絵画を描いたハイヒール

参照:1点1点を手描きでペイント!! ピカソやゴッホなど有名絵画を描いたハイヒールが素敵すぎる | Pouch[ポーチ]

ゴッホの自画像制作の元になったポートレート写真

リトアニアのアーティストTadao Cernさんは、“ゴッホの自画像制作の元になったポートレート写真”という架空の設定で「Revealing The Truth」という作品を制作しました。

Tadao Cernさんのサイトには以下のようなジョークと共に作品が掲載されています。

“真実を明らかに”

ずいぶん昔、見知らぬ男にポートレイトを撮ってくれと頼まれ、私は引き受けました。私は彼に画像を送り、その後彼から返事がくることはありませんでした。

少し前に、私は1枚の絵を見てとても自分に馴染みがあるものに感じました。

そして分かったのです。
ーーそれは私の写真を写し描いたものでした。

少し調べたところ、それを描いた(写し描いた)男は
非常に有名であるようでした…

彼の名前はフィンセント・ヴァン・ゴッホ。
私は幸運にも彼のポートレートを撮ることができたのです。

残念なことに彼は私について何も語っていないし、
私はもう彼の連絡先を見つけることができません…

「ゴッホが自分の撮ったポートレート写真を元に自画像を描いた」という架空の設定はとても面白いですね!

※上記の和訳は私が四苦八苦して訳したものなので、もし誤りがあれば、ご指摘いただけると幸いです!

本物のゴッホの自画像

本物のゴッホの自画像

photo credit: wallyg via photopin cc

参考:
“ゴッホの自画像制作の元となった写真”というフェイク画像 – K’conf
TadaoCern – Tadas Cerniauskas

超リアル!ゴッホのアクションフィギュア

ゴッホのアクションフィギュア

リアルなゴッホのフィギュアも登場!先日、仕事中に発見して値段を見ずに危うく購入しそうになりました…危ない危ない。お値段を見てみたらなんと169,800円 (税込)!これはすごい…。

しかも、知った時は「世界限定10体」という超レアアイテムなので、当然のごとくすでに売り切れでした。現在は「完全予約受注生産品」となっているようです。

詳しくはこちらへどうぞ!
Serang World – フィンセント・ファン・ゴッホ 1/6フィギュア フルセット(デラックス版)  *予約 – フィギュア通販「トレジャートイズ」 ホットトイズに合った1/6世界をお届け!

参考:「ゴッホのアクションフィギュア」のクオリティに物欲がフルスロットル!! | DDN JAPAN

プラネタリウム「ゴッホが描いた星空」が期間限定で開催中!

プラネタリウム「ゴッホが描いた星空」

去年知った時に行かれなくて涙を飲んだプラネタリウム「ゴッホが描いた星空」が今年も「つくばエキスポセンター」で開催!今年は私も行ってきました!

つくばエキスポセンターのサイトによると、

昨年12月に導入されたばかりのデジタルプロジェクターで、より美しくなった映像をお楽しみいただけます。

とのこと。
ゴッホは夜空をモチーフに描いた数少ない画家だそうです。3Dのように立体的になったゴッホの星月夜を大画面で見れたときは感動しました。内容は星の解説よりはゴッホの絵についての解説のほうが多めな印象。端々に登場するゴッホの名言も胸を打たれます。

3月31日(日)までとなっていますので、行かれる方は今週の土日にぜひどうぞ!

また、ロケットがトレードマークのつくばエキスポセンターでは宇宙の展示もたくさんあってゴッホ好きだけではなく宇宙好きにも楽しめますよ〜!(あと、「宇宙兄弟」の漫画がめちゃめちゃ揃っていたのが魅力でした)

ロケット

プラネタリウム「ゴッホが描いた星空」 概要

  • 上映期間:2013年3月16日(土) ? 3月31日(日)
  • 上映時間:平日の15:30、土日祝日の16:50から上映。
    ※春休み期間(3/23?)は土日祝日スケジュールで上映
  • URL:http://www.expocenter.or.jp/?page_id=53

参考:プラネタリウム番組:ゴッホ,十二星座,星の王子さまなどのおすすめ番組

ゴッホ風加工ができるiPhoneアプリ「ゴッホカメラ」

iPhoneアプリ「ゴッホカメラ」

以前のゴッホ記事で「AutoPainter」というアプリをご紹介しましたが、またまたゴッホ風加工ができるiPhoneアプリが登場しました!その名も「ゴッホカメラ」!

ゴッホカメラ (Van Gogh Art Camera) – 多彩な芸術の組み合わせをInstagram,Facebook,Twitterでお楽しみ頂けます
カテゴリ: 写真/ビデオ, 教育

さっそく使ってみることに!「AutoPainter」は英語だったのですが、こちらはメニューが日本語なのが馴染みやすいですね。

色が鮮やかな写真のほうがよりゴッホっぽく仕上がる気がするので、今回は以前に行った「ディズニーシー」の写真をセレクト。切り取りは正方形のみのようです。

iPhoneアプリ「ゴッホカメラ」

また、「AutoPainter」は加工中はほったらかしだったのに対し、こちらは自分で好きに効果を調節できます。

iPhoneアプリ「ゴッホカメラ」

プレビューモードを選んで確認できます。

iPhoneアプリ「ゴッホカメラ」

フレームもつけられるみたいです。太さも選べますが、フレームの太さを変えると装飾の形が変わってしまうのが少し残念…(>_<) iPhoneアプリ「ゴッホカメラ」

どうでしょう!ゴッホっぽく仕上がったでしょうか?

iPhoneアプリ「ゴッホカメラ」

とても手軽にゴッホ風のエフェクトがかけられて面白いですね!エフェクトの種類が多く、フレームやスタンプなどの機能もありますので、幅広く楽しめます!

参考:ゴッホカメラ

ゴッホカメラ (Van Gogh Art Camera) – 多彩な芸術の組み合わせをInstagram,Facebook,Twitterでお楽しみ頂けます
カテゴリ: 写真/ビデオ, 教育

こちらもおすすめ!

AutoPainter
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント

読売新聞額絵シリーズ 2013年 「生誕160周年 ゴッホ情熱の軌跡」

読売新聞額絵シリーズ 2013年 「生誕160周年 ゴッホ情熱の軌跡」

なんと!2013年は読売新聞を取ると毎月2枚、ゴッホの複製画が送られてきます!私はこれに釣られて…は言い過ぎですが、今年から新聞をとろうと思っていた時、これが決め手になって読売新聞に決めてしまいましたw

読売新聞額絵シリーズ 2013年 「生誕160周年 ゴッホ情熱の軌跡」

毎月楽しみ〜!

参考:額絵シリーズ 2013年 「生誕160周年 ゴッホ情熱の軌跡」 | 読者サービス | 読売新聞ご購読案内

ゴッホがまさかのギャグ漫画に!「ゴッホちゃん」

「ゴッホちゃん」

ゴッホの漫画なんてあったんですね〜!あの強面のゴッホが可愛いくデフォルメされたイラストになっています。

私は渋いゴッホが大好きなので、「え…ゴッホちゃんって…大丈夫なのかな…」と最初に思ってしまったのですが、無料で読める第1話を立ち読みしてみたところ、ゴッホのことをユーモア溢れる視点で的確に描いているのです。

また、ゴーギャンやロートレックといったゴッホと親しくしていた画家も頻繁に登場し、その人物像やゴッホとの間で繰り広げられたエピソードも忠実に描かれています。(もちろん全部事実に基づいたものではなく、架空のエピソードも多数ありますが)

大学時代、ゴッホの研究のための卒論を書くために、難しい言葉で書かれている書籍を必死に読みあさった私ですが、この漫画一冊読めば大分色々わかったんじゃないかという気さえしました。今度買ってみようかと思います。

こちらから無料で立ち読みできます!
ゴッホちゃん | 作品紹介 | ヤングガンガン YOUNG GANGAN OFFICIALSITE

ゴッホちゃん(ヤングガンガンコミックス)
マブレックス
スクウェア・エニックス (2012-12-22)
売り上げランキング: 177,412

ポロシャツ2070枚を使って描いたゴッホの巨大モザイクアート

オンワード樫山の「オンワード・カラーミュージアム・キャンペーン」というキャンペーンの一環で、メンズブランド「JOSEPH ABBOUD(ジョセフ・アブード)」のポロシャツ2070枚(24色)を使い、ゴッホの自画像を丸ビル1階に描いた映像です。すごいですね!また、この試みは芸術とメディア部門でギネスの世界記録にも認定されたようです。

「オンワード・カラーミュージアム・キャンペーン」とは、オンワードがゴッホやルノアールといった印象派の絵画から抽出した色を用いた洋服を売り出す企画です。それを記念して制作されたこのモザイクアートは5月16日まで展示するとのこと。

なお、使用したポロシャツは直営オンラインショップ「オンワード・クローゼット」で販売するみたいですよ。

参考:
【ギネス】2070枚のポロシャツを敷き詰めて作ったゴッホ自画像
Business Media 誠:2070枚のポロシャツで描いたゴッホの自画像

さいごに

いかがでしたか?今年もゴッホの誕生日前にまとめてみました!ついつい張り切って盛りだくさんになってしまいましたが、これを機に少しでも多くの人にゴッホについて知ってもらえたらいいなと思います。(そしてゴッホ好き仲間が増えればいいなと思います)

ゴッホまとめ記事は今回で3回めですが、今後も継続していきたいな〜と思っております。よろしくお願いします!

以前のゴッホまとめ記事

以上、彩がお送りしました!

この記事をシェアする!

コメント

2件のコメント

  • 2013/03/25 9:58 AM

    観点が面白かった!

    ポートレートすごいね。まじまじと見てもうた。(‘A’)
    次回会うときは、彩さんがあのハイヒールを履いているとか胸が熱くなります。

    • 2013/03/25 10:07 AM

      すしぱくさんコメントありがとうございます?!
      ポートレートすごいですよね!「デジタルのレタッチ技術を使った」みたいなこと書いてあったから、Photoshopか何かかなあと思うのですが…。

      あのハイヒールは多分もう完売ですよw買えたとしても履けませんよww

コメント

もし何かコメントをいただければ幸いです。また、ご指摘等も大歓迎です。
よろしくお願いします。(※Eメールアドレスは公開されません)

トラックバック

トップに戻る