<

知ってる?自分にとってベストな休息とタイミング【イベントレポート】

知ってる?自分にとってベストな休息とタイミング【イベントレポート】

「休息を考える」をテーマにしたイベントのレポート記事。休息における7つのタイプや、誰もが必要な時に休みをとるために必要な組織のあり方などを紹介しています。

先日、「休息を考える」をテーマにしたイベントに参加してきました。産後久しぶりに参加したオフラインのイベントです。

久しぶりにオフラインの魅力を改めて実感し、自分や他者との関わりや「休む」ということについて改めて考えるきっかけになったので、レポート記事でアウトプットします!

前半:ミニセミナー

休みたい時に休める組織とは?キーとなるのは「多様性」

前半テーマは「自分らしく」「心地よく」暮らし働き続けることの必要性について。一見すると「休息」とは関係なさそうですが、よくよく聴いてみると「組織内での休息」に深く関係している内容でした。

個人的に印象的だったのは「多様性を尊重すること」という言葉でした。
たしかに、日本人にありがちな「有給取りづらい」問題などは、ここにあるのではないかなと思います。

例えば、以下のような思考回路です。まさに負のスパイラル…。

  1. 自分は休みたくても、休めない
  2. 自分が十分に休んでいないのであれば、他者も休むべきではない
  3. 結果的に、全員休めない

ここに、「多様性を尊重する」ということが当たり前に意識できる組織であれば、たしかにもう少し改善できそうだなと感じました。

例えば、一人一人が以下のような考えができると、今より少し優しい世界になりそうですよね。

  1. 他者が不調を訴え、休みを希望している
  2. 自分はその程度の不調では休まないが、そもそも他者と自分は違うし、違ってもいい
  3. 他者も自分もそれぞれが必要な時に休息を取る

「休息」がもたらすメリットとは?

次のテーマは「休息」がもたらすメリットや、休息のアイデアについて。興味深かったのは、休息には7つのタイプがあるということです。

たしかに、ひとくくりに「休息」といっても、何をしている時が一番「休んだ」と感じられるかは人それぞれですよね。この件については、後の座談会でさらに強く実感することになるのでした…。

休息の7つのタイプ

  1. 身体的な休息:
    睡眠や昼寝。マッサージなど。
  2. 精神的な休息:
    脳を休ませる。仕事を定期的に休むなど。
  3. 感覚の休息:
    外部からの刺激を減らし、感覚を休ませる。スマホを見る時間を減らすなど。
  4. クリエイティブの休息:
    アイデアを出し続ける(アウトプット)のをやめ、創造性を育むようなことをする(インプット)。能動的な休息。
  5. 感情の休息:
    気持ちを抑え込まないようにする。親しい人に話を聞いてもらうなど。
  6. 社会からの休息:
    人と離れて1人になる時間を持つ。
  7. 魂の休息:
    宗教活動(祈り)など。そういったものがない場合はボランティアや瞑想。

後半:座談会

身体の不調はすぐに休むのに、心の不調時はなかなか休めない…

後半は同じテーブルの方と座談会形式です。紙とペンで話し合った内容をメモするというもので、オフラインならではの楽しみがありました。

ひとつめのテーマは「最近、休めてる?」というもの。
休みたい時ってどんな時だろうね?」という話題になった時にグループ内で出た以下の回答がとても印象的でした。

「身体がツライ時は普通に休もうと思うけど、精神的にツライ時って、なかなか休みづらくないですか?でも、そういう時こそ休みたいんですけどね…」

たしかに!!と強くうなずいた場面でした。
お腹が痛い、熱がある…のような身体の不調時は割とすぐに「休まなきゃ」と思うのに、「(身体は何ともないけど)気持ちが憂鬱だし悲しい」のような時は、あまり休まないことが多いのではないでしょうか?

どこか、「こんなことくらいで…」という後ろめたい気持ちもあったりして。

これは特に女性に多いのではないかと思うのですが、「身体の不調が元をたどると心の不調が原因だった」ということはありませんか?例えば「ストレスで月経が遅れる」といった事例も、そういったことの積み重ねの結果なのではないかなと思いました。

「身体がツライ」と「心がツライ」。
どちらも確かに感じている「不調」なのに、心のほうが我慢しがちなのは不思議ですよね。

心と身体は繋がっているからこそ、積極的に心の不調時も休息を意識したいと思いました。
(自身も休み下手なほうなので、すぐには難しいかもしれませんが…)

自分にとっての「休息」ってどんな時?

次のテーマは「何があれば、何をすれば心地よい『休息』を取り、自分らしく、心地よく働きつづけることができるだろう?」

このテーマを考える最初の切り口として「何をしている時に休めていると感じるか?」でした。

同じグループ内の方は外に出かけるタイプのアウトドア派の方が多く、「運動」「旅行」「友達とごはん」といった回答が目立ちました。これは先述した休息の7つのタイプでいうと「クリエイティブの休息」にあたるのかなと感じました。

対して、私は完全にインドア派。家でひとりで静かにコーヒーを飲みながらソファで読書している時が一番「休めてるな〜」と感じます。ソファで昼寝するのも好き。「身体的な休息」や「社会からの休息」が近いかもしれません。

どんな休息のタイプが合っているのかは、人によって全く違うのだということを改めて実感しました。

「いま必要な休息」って、本当にそれなの?

ここから、さらに自分の体験を振り返って深堀りすると、「タイミングに応じて休息のタイプを使い分ける」ことも重要だと感じました。

例えば、私もゴロゴロ漫画ばっかり読むような休息だけではなく、本当なら皆さんみたいにアクティブな休息も取り入れたい。

そう考えて2週間ほど早朝ヨガ(30分)にチャレンジしたことがあったんですが、結果的にまったく前向きな気持にならなかったんですよね…。

それどころか「なんで、朝っぱらからヨガなんてやって貴重な30分使ってんだ」くらいのやさぐれた気持ちにまでなってしまいました(早朝ヨガやっている方いたらごめんなさい…)。

さらには打ち合わせで「大丈夫ですか?すっごい疲れた顔してますよ」と言われてしまう始末。「もうやめたやめた!」と次の日は8時間くらいたっぷり寝てみたら、朝からものすごく前向きな気持ちになれました。

今思えば、その時の自分に必要だったのは、「クリエイティブな休息(ヨガや運動)」ではなく、「身体的な休息(睡眠)」だったんですよね。

他の人がやっているからじゃあ自分も…というのではなく、「自分にとっていま何が一番心地よいのか」を知っていることが重要なのかなと感じました。

さいごに

「最近、休めてる?」と聞かれて「うん!超休んでる!快適!!」と答える人はいまの現代あまりいないのではないでしょうか。(偏見ですかね?)

このイベントを参加して感じたのは「人によってベストな休息のとり方は様々で、正解はない」ということです。

Googleがあれば大抵の答えは得られる現代。ですが、本当に必要なのは「自分にとってベストな休息とは何か」を自分で考えることなのかなと感じました。

もし、「最近あまり休めていないな」と感じている方がいたら、考えるきっかけになればいいなと思います。

以上、彩でした!

余談

「早朝ヨガ」はその後自分なりに調整し、10分くらいで早朝や始業前、寝る前など、一日の中に細切れで取り入れたところ、よい効果をもたらしそうな気配があります。

引き続き試行錯誤したいと思います!

この記事をシェアする!

知ってる?自分にとってベストな休息とタイミング【イベントレポート】

この記事が気に入ったらDesign Colorの
「フォロー」をお願いします!

  • follow us in feedly

コメント

0件のコメント

コメント

もし何かコメントをいただければ幸いです。また、ご指摘等も大歓迎です。
よろしくお願いします。(※Eメールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トップに戻る